ishicoro-table
ishicoro-table

倉庫に眠っているちょっとこぶりな原板。
ダイニングのテーブルには小さすぎるし、小物用に切り刻むのはもったいない。
こんな材料をどないしようかと、小泉誠さんのデザインで誕生したテーブルです。
どんなカタチにするか、無垢板をじっと見つめて対話して、
元のカタチ、木目の表情を活かしながら、思いつくままにチョークで線を描いていく。
樹種も木目もカタチも世界でただ一つ。ちょっとずつつくっています。

河原の石ころが一つひとつ違っているように、材料一枚一枚の原型をいかしたカタチ。一期一会の思いで描くデザインです。

小ぶりでも、大きな一枚板テーブルと同じ厚みの無垢材からつくります。ずっしりとした木の存在感があります。

ていねいにきめ細かく磨き上げた木肌。
オイルフィニッシュで仕上げます。手触りが良く、風合いを深めていく木の表情に味わいがあります。

子象のようにずんぐりとした短い脚。
愛嬌のあるデザイン。ろくろで一本一本削り出してつくっています。

デザイナーの小泉誠さん。材料とひとしきり向き合ったあと、チョークを使ってフリーハンドで輪郭を描いていきます。

カタチが決まったら、チェーンソーで粗切りします。ふだんの工房にはない大音響で、木屑の飛び散り方も大迫力です。

デザインワークショップでは、脚は枝節のある丸太をそのままいかすことも考えました。小泉さん自ら加工してデザインを詰めていきます。

石ころ形の天板を支える脚はどれがいいか。幾種類もの試作をくらべてみながら、子象脚が生まれました。

完成在庫品[約1週間で出荷]

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

11商品中 1-11商品

送料一覧 らくらく家財宅急便 料金表

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ