村澤一晃さんには、
「kikiで作れて、
kikiにしかできなくて、
kikiも技術チャレンジなしでは
作れないもの」という
お題をお願いしていました。


出てきたのはスツールデザイン。
「面白くなりそうな
いい匂いがする」と、
店長のテンションが上がります。

座ったり、眺めたり、さすったり。
修正、改良ポイントを
五感で探る二人。

UMAスツールの担当は染谷。
試作をばらして、
修正にとりかかります。

メジャーで測り、
目で確かめ、
指先の神経をフルに働かせます。

修正版に座って
具合を確かめる村澤さん。

染谷と一緒に、
さらなる修正に取り組みます。

デザイナーの仕事は
図面を描くことじゃない。
木粉が飛び散る現場で、
村澤さんは黙々と手を動かします。

思いついたことは、
その場で切ったり継ぎ足したり
形を変えたり、作り直します。
思い立ったらその場で改良トライ。
これがワークショップの
醍醐味です。

初回のワークショップながら、
改良がぐんぐん進行。
道のりはまだまだですが、
好感触のワークショップでした。
次回は、3次試作に突入、
完成をめざします!

UMAスツールの制作 1