ハテナハンガーにつづく
kikiオリジナルのハンガーづくりを、
小泉誠さん、村澤一晃さんと
はじめました。


真鍮、アルミ、ステンレス。
いろいろな丸材、角材を用意して
初めて使ってみる加工器で
フックづくりの試行錯誤していると、
木部のアイデアが湧いてきました。

思い立ったが試作!
小泉さんはフックのアイデアを
確かめるためにすぐに木部を切り出し、
サンダーで磨きます。

いろいろな曲げ方を
試みているうちにできた
C型のフックと組み合わせてみて、
「こういうのどう!?」
「おもろいかも!」

いつもと勝手が違う
金属加工のワークショップ。
新しいことへのチャレンジに、
期待の笑みがこぼれる村澤さん。

曲げ加工器の使い方を
店長と模索しながら、
表情はしだいに真剣に。
ここをこう調整したら、こんなふうに
曲がるんちゃうやろうか……。

なにやらひらめいて、
フックを頭上に掲げ、
「こういうハンガー、あり?」と村澤さん。
「うん、どうやろな」と店長。

突き進む村澤さん。
あれ、ステッキかと思うほどの
長いフックをつくろうと
しているのでしょうか。

長尾さんにロクロで挽いてもらった
円すい台の木部を組み合わせています。
いったいどんなハンガーになるのか?

小泉さん、村澤さんと挑む
「楽しいハンガー」、乞うご期待!

楽しいハンガー ワークショップ開始

今回はフックを金属で
つくろうということで、
店長が京子さんの実家から
アンティークな曲げ加工器を
見つけてきました。